現役FPが明かす保険無料相談の正しい活用法

解約すると損です!にだまされない

保険を解約したいと保険会社に電話をかける、あるいは直接窓口行って解約を申し出る。

 

すると、どうでしょ。
保険会社のそ窓口担当者は、口をそろえてこう言います。

 

『今、解約すると損でよ。せっかくこま長けてられたのに・・・』これが、保険会社の解約防止マニュアルどおり回答です

 

でも 実は、これまったくのウソです。
保険会社はとりあえず、解約防止のためにそう言っているだけなです。
ほとんどの場合は、何の根拠もないのです

解約すると損です

 

 

『解約すると損ですよ!』
でも、いつの間にか世間一般的にこのトークがさも真実であるかのように、まかり通ってしまったのです。
確かに、しっかりした保険会社の窓口担当者そう言われば
『やっぱり、 そうなのかあ 』
と何も知らない人はそう信じてしまうのも無理はありません。

 

そうして、解約を踏みとどまってしまい
『もう少し検討てから 、また出直します』
となって 、保険会社の思惑通りになってしまうのです。

 

では、なぜ解約すると損なのでしょうか?
その説明をきちんと聞かれました?
 
解約すると、どこがどのように損するか、納得できました?

 

 

ご自身が解約すると損することを理解し、納得できるまで安易に引下ってはいけません!
保険会社の解約防止人は、その道のプロです。
ある程度の予備知識を入れておかないと、対抗できません。

 

 

解約したいと保険会社に行ったときは、こう質問してください。

 

『解約すると、どの部分がように損なか具体的教えてください』
『また、 それはなぜですか?』

 

この質問に答えられなけば、損するという根拠はありません。

 

 

解約すると損になるという回答で、
『今から保険を新たに入り直すと、それだけでも保険料が高くなりますよ』
と切り返されますが、それは当然です。

 

 

保険料は年齢で決まりますので、入れ直せば高くなるに決まっています

 

でも、ちょっと冷静になて考えみください。
そもそも保険の見直しをしようと思っている人が、同じに保険に
入り直すことはありませんよね

 

 

それよりも、 ニーズに合わない保険をこのまずっと続ける方が、
損になるとは思いませんか!

 

 

保険見直しのポイント
「解約すると損です」の常套句にだまされない。損する根拠を突き止める

生命保険訪問型FP紹介サイトはどうやって選べばいいの?

いざ、FPに保険見直しを相談したいと思っても、何を基準に相談サイトを
選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。
そこで、FPの選び方を9つにまとめてみました

FPの質で選ぶ

しつこい勧誘のないサイトを選ぶ

FPの経験値で選ぶ

顧客満足度で選ぶ

口コミ評判で選ぶ

女性専用サイトで選ぶ

相談実績で選ぶ

対応エリアで選ぶ

おすすめの保険訪問型FPサイトで選ぶ

タイプ別の好みのPF紹介サイトを絞り込み検索する

下記で自分に合ったFPを絞り込んで検索できます。何を重要視するかでどこのサイトがいいのかよくわかると思います。ご活用いただけると幸いです。
絞り込み検索リセット
詳細検索

トップへ戻る