現役FPが明かす保険無料相談の正しい活用法

誰のための保険なの?

保険の見直しをしたいのだから、生命保険に加入

されてますよね。

 

誰のためですか?

 

自分のため、家族のため?

誰のための保険ですか

あなたは独身ですか?
それとも既婚者ですか?
 

 

子供さんはいらっしゃいますか?

おいくつになりますか?

まだ小さなお子さん? もう独立されていますか?

 

こういう質問をすると、
うっとうしいなあ・・・と思われるかもしれませんよね。

 

 

でもこれには訳があるのです。
そうです。何のために入るのか?
ではなく保険は誰のために入るのか?
を考えた方が簡単に決めることができるのです。

 

ふつう、独身なら自分のために入りますよね。
一方、家族がいる人はそうはいきません。

 

家族のためである、と同時に自分のためにも加入する必要があるからです

 

 

それに、もし、もう子供さんが独立して生計も別になっているとしたら・・・・
加入している保険を家族のためから
自分のために戻す必要があるのではないでしょうか

 

 

これが、保険見直しのサイクルです

 

 

ところで、『自分のための保険』とはどんな保険の事でしょうか。
それは、『医療保険の終身型』です。

 

 

それは、どうしてなのでしょうか。
理由は、病気やけがは、いつ、誰に、起こるかわからないからです
しかも、病気になる確率は、年齢が上がるにつれて、どんどん増えていくからです。

 

 

そんな時に、保障が終わり、更新で保険料が倍になるあるいは、
年払いや一括で払わないといけない。
となったら、一大事ですよね。

 

 

だから、
『医療保険の終身型』は、独身時代から結婚して家族ができた時も老後になっても、すべてのライフサイクルで必要になってくる保険だと考えています

 

 

『医療保険の終身型』は、家で例えると、柱の部分です

 

保険では、保障の基本になると考えます

 

 

就職して社会人となって独立したら、まず備えるのは、医療保険です
そして、結婚して家族が増えると、万一のことが会った時の保険が追加されていきます。その後、子供が独立して巣立っていったら、老後の生活も含め、自分のための保険に戻さなければならないはずです

 

 

ところが、どうでしょう?
それを忘れてしまっている人があまりにも多いのではありませんか。

 

忘れているというよりも、戻したくても戻せない状態になり、取り返しのつかない
保険内容になってしまっているケースが多いのです。

 

それはどういうこと?

 

 

それは、『自分のための保険』を終身型ではなく、一定期間だけしか保障されない
『定期型』になっているからなのです。

 

 

これでは本当に必要な時に『保障が終わっていた!』
『終身に変更したら高くて払えない』

 

 

なんてことになりかねません。

 

 

だから、保険の見直しは、まず『医療保険の終身型』から
始める必要があると考えています。

 

トップへ戻る