現役FPが明かす保険無料相談の正しい活用法

医療費控除とは?

医療費控除ってどんなものですか

 

医療費控除ってどんなものですか。

納税者は自分や家族のために支払った医療費については、その実費負担が年間10万円または、
所得200万円未満の人は「所得金額×5%」の額を超える場合は、医療費控除が受けられるため、住民税や所得税の負担が軽減されま。

 

 

医療費控除を受けるために確定申告をする場合は、受け取った給付金の金額だけ、支払った医療費の総額から差し引く必要があります。

 

 

入院給付金などを差し引くのは、その給付金等の支払われる原因になった傷病などの医療費からです。もし引ききれない場合であっても、他の医療費から差し引く必要はありません。

 

 

なお、支払った医療費の領収証はきちんと保管しておくことが重要です。

 

控除額は、課税所得から医療費控除額を差し引いた金額をもとに算出します。
なので、控除額がそのまま軽減されるわけではありません。
医療費控除額の限度額は最高200万円です。

 

 

医療費控除の対象となるもの
医師に支払った治療費、診療費
視力回復レーザー手術(レーシック手術)やルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)の費用
積極的支援の対象となった場合に特定健康診査・特定保険指導(メタボ検診・指導)
虫歯に治療費、義歯、入れ歯の費用
医師の処方箋により薬局で購入した医薬品やかぜ治療のために購入した一般的な医薬品
入院時に提供される食事代や居住費
助産師による分娩の介助料
通院のための交通費(電車・バスなどの公共交通機関)

 

 

医療費控除の対象とならないもの
ホクロをとるなdの美容整形費用
通常のメガネ・コンタクトレンズの購入費用と眼科医に検査費用
美容のための歯列矯正など
疲労回復、健康増進、病気予防などのために購入した医薬品(ビタミン剤や漢方薬)
出産のために実家に帰る交通費
通院のための自家用車のガソリン代や駐車料金

トップへ戻る