現役FPが明かす保険無料相談の正しい活用法

資料を取り寄せすぎて決まらない

あなたはこんな経験がありませんか?

 

あっちこっちの保険会社に電話をして、何種類ものパンフレットを取り寄せて、
机の上は資料の山積みで今にも崩れそう・・・
そんな光景にあなたは呆然と立ち尽くす・・・

資料を取り寄せ過ぎて決まらない

 

でも
結局考えることもできず面倒くさくなって
あきらめる

 

 

でも一体どうしてこのような事になったのでしょうか。
理由はカンタンです。

 

保険料だけで選ぼうとするからです。

 

『例えば、40歳で○○○○円、一日わずか
缶コーヒー1本!』
こんなキャッチコピーに反応して、資料を取り寄せる。
内容なんてそっちのけで、片端から資料請求です

 

 

いろんな会社のいろんな種類の商品の資料だから、もう大変です。
収集したパンフレットには、申込書も一体型となっているものもあり、
何がなんだかわけわからんわ・・・

 

 

この中でいったいどれがいいの?
どこがどう違うの?
保険料が一番安いこところはどこなの?
こうなったらもう収拾がつきません。

 

 

そして、行き着く場所は、もう面倒くさいからいいやこのままで
と、見直しはあきらめてしまうのです

 

 

大切なのは、保険料ではありません。
保険料は確かに安い方がいいに決まっていますが、果たしてそれだけでいいのでしょうか。

 

 

保険料だけで選んで目的に合わない保険に加入してしまっては、本末転倒です。
 
保険を見直すときに、大事なことは、保険料ではなく、内容をどう見直すかです
まずは、ここから考えるようにしましょう。

 

保険見直しのポイント
保険を見直す時は保険料ではなく、保障内容をどう見直すかが重要です。

生命保険訪問型FP紹介サイトはどうやって選べばいいの?

いざ、FPに保険見直しを相談したいと思っても、何を基準に相談サイトを
選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。
そこで、FPの選び方を9つにまとめてみました

FPの質で選ぶ

しつこい勧誘のないサイトを選ぶ

FPの経験値で選ぶ

顧客満足度で選ぶ

口コミ評判で選ぶ

女性専用サイトで選ぶ

相談実績で選ぶ

対応エリアで選ぶ

おすすめの保険訪問型FPサイトで選ぶ

タイプ別の好みのPF紹介サイトを絞り込み検索する

下記で自分に合ったFPを絞り込んで検索できます。何を重要視するかでどこのサイトがいいのかよくわかると思います。ご活用いただけると幸いです。
絞り込み検索リセット
詳細検索

トップへ戻る