現役FPが明かす保険無料相談の正しい活用法

保険無料相談とは記事一覧

保険ショップとは、保険会社と委託契約を結び保険の提案や販売を代行する保険代理店です。形態の多くは駅前や大手スーパーの店舗内、ショッピングモール街など人の集まる場所に出店しています。最近では全国展開をするショップもお目見えするようになりました。一般的にはファイナンシャルプランナーなどの資格を持った保険のプロが対面で相談に応じ、保険の見直しやプラン提案を行うのが特徴です。ショップタイプには3つあります...

訪問型とは、相談者がネットや電話で事前に保険を販売する人に予約をして、自宅や職場、場合によってはカフェなどの指定した場所に来てもらって、保険見直しなどの相談から保険商品の提案をして契約まで行う販売方法です。訪問型には2種類あります。ひとつは、セールスレディやライフ・コンサルタントなどと呼ばれる1社専属の営業職員です。もうひとつは、代理店のFPの資格を持った人や個人で開業している独立FPです。保険無...

一般的に、資産設計を行う専門家のFP(ファイナンシャルプランナー)は、家計の相談などを有料で行うことができる職種です。弁護士に相談すると30分いくらという形で相談料をとられるのと同じように、FPも相談料は本来有料なのです。ところが、保険の相談はなぜ無料でできるのでしょうか。その仕組は、広告代理店と同じです。広告を出したいスポンサーと広告を作成する制作会社の契約を仲介するのが広告代理店なのです。その...

無料と聞くと何やら怪しげで、何かコンタンがあるのでは?と勘ぐりたくなるのが人情です。はっきり言って下心がないわけではありません。ですが、保険の疑問や悩みを無料ですっきり解決してくれるのもまた事実です。それに無料相談したからといって必ずしも契約しないといけないわけではありません。無料でもちゃんと最適な保険を設計し提案してくれる便利なサービスなのです。訪問型の場合、保険無料相談に乗ってくれるのは、特定...

保険の無料相談には、ショピングセンター内や駅前のビルの1Fにある店舗型と自宅やカフェなど指定した場所にFPが訪問してくれる訪問型があります。どちらがいいのでしょう?どちらも相談すればきちんとした対応はしてもらえます。では、何が決定的に違うのでしょうか。それは相談場所ではないでしょうか。店舗型は、ショッピングセンターという場所柄、オープン形式になっているところもあり、回りの雑音が入ってくることがあり...

簡単にいうとお金の専門家。タイプで分けると企業系FPと独立系FPに分けられます。企業系FPとは、銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社、不動産会社などに所属するFPのことです。所属企業で取り扱う商品しか勧めることができません。独立系FPとは、個人事務所を開業しているFP乗合代理店で業務を行っているFP来店型の保険ショップで業務を行っているFPなどがいます。その他、弁護士のように時間あたりの有料...

生命保険訪問型FP紹介サイトはどうやって選べばいいの?

いざ、FPに保険見直しを相談したいと思っても、何を基準に相談サイトを
選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。
そこで、FPの選び方を9つにまとめてみました

FPの質で選ぶ

しつこい勧誘のないサイトを選ぶ

FPの経験値で選ぶ

顧客満足度で選ぶ

口コミ評判で選ぶ

女性専用サイトで選ぶ

相談実績で選ぶ

対応エリアで選ぶ

おすすめの保険訪問型FPサイトで選ぶ

タイプ別の好みのPF紹介サイトを絞り込み検索する

下記で自分に合ったFPを絞り込んで検索できます。何を重要視するかでどこのサイトがいいのかよくわかると思います。ご活用いただけると幸いです。
絞り込み検索リセット
詳細検索

トップへ戻る