現役FPが明かす保険無料相談の正しい活用法

自分で保険見直しができない理由記事一覧

セールスパーソン (セールスレディや営業マン)が知り合いにいる。そうい経緯で保険加入した人は意外と多いものです。自分の入った保険はムダではないのだろうか?そんな風に思うことが時々あるけど、付き合いで入ったから今さら解約するとも言えないし、と言ってムダな保険料をこれ以上払いたくもないし・・・どうすればいの?と悩んでしまう経験をお持ちの人も多いはず。保険営業のセールス パーソン は、歩合給が高い職種で...

保険を解約したいと保険会社に電話をかける、あるいは直接窓口行って解約を申し出る。すると、どうでしょ。保険会社のそ窓口担当者は、口をそろえてこう言います。『今、解約すると損でよ。せっかくこま長けてられたのに・・・』これが、保険会社の解約防止マニュアルどおり回答です。でも 実は、これまったくのウソです。保険会社はとりあえず、解約防止のためにそう言っているだけなです。ほとんどの場合は、何の根拠もないので...

見直し方がわからない付き合いで入ったから、担当者に保険の見直しをなかなか切り出せない。解約したら損するみたいだし・・・親身になって話を聞いてくれる人もいない。こっそり資料も取り寄せたけど、沢山ありすぎてどれが自分に合った保険なのかわからない。この迷路から何とか抜け出す方法はないものでしょうか。どうすれば保険が見直せるのでしょうか。答えはカンタンです。それは、『保険見直しの技術』を身につけてから保険...

私たちの生活を取り巻くリスクには2種類あります。自分が選択して行動した結果発生するリスク(選択的リスク)と病気、ケガ、死亡、老後、介護、不慮の事故などの誰にでも起こりうるリスク(一般的リスク)です。こうしたリスクを想定して対処法を考えるリスクマネジメントが重要です。選択的リスクは、個人の裁量に委ねられる部分が多いので、ここでは一般的なリスクについて考えてみましょう。生活設計を立てるために最も重要な...

あなたはこんな経験がありませんか?あっちこっちの保険会社に電話をして、何種類ものパンフレットを取り寄せて、机の上は資料の山積みで今にも崩れそう・・・そんな光景にあなたは呆然と立ち尽くす・・・でも結局考えることもできず面倒くさくなってあきらめる。でも一体どうしてこのような事になったのでしょうか。理由はカンタンです。保険料だけで選ぼうとするからです。『例えば、40歳で○○○○円、一日わずか缶コーヒー1...

日本の大手生命保険に加入している人の多くは、加入した経緯を友人知人親戚からすすめられて・・・という回答が一番多いです。生命保険の募集人資格を持っている人は、2012年現在では全国で約101万人います.。日本の人口が1億2713万人(2014年4月現在)ですから、単純に割ると1人に対して約126人の募集人がいることになります。これってスゴイと思いませんか?だから自分の知り合いには必ず1人くらいは、保...

トップへ戻る