現役FPが明かす保険無料相談の正しい活用法

無料保険相談で失敗しない7つの方法記事一覧

マイホームを買う時に真っ先にすることは何ですか?まずはどこに家を建てたいか。どこに住みたいか。どんな家を建てたいか。どんな家にすみたいのか。マンシヨンや戸建てのどちらを購入したいのか。モデルハウスを何件も見学に行きますか。購入資金、頭金はいくらあるのか。ローンで買うなら毎月どれくらい支払えるのか。などまずは情報収集から始めますよね。では、生命保険に入る時はどうでしょうか?保険会社ごとにどんな保険種...

保険見直しの無料相談を失敗なく活用するためには、事前準備が必要です。ただ単に保険料を安くしたいからといった理由だけでなく、自分にとって何が必要な保険なのかを理解しておくことが重要です。保険料を安くするだけなら保障額を減額するか解約するしかありません。ですが、保険無料相談へ行って減額の手続きや解約の手続きをしてもらうことはできません。ですので、事前に現在加入中の保障内容を保険証券等で確認していただき...

従来、保険はすすめられて入るものであり、自らすすんで保険に入る人はほとんどいませんでした。ところが、近年はショピングモール街や駅周辺の人の集まるところに来店型の保険ショップが数多くみられるようになり、買物ついでに保険の無料相談をする人も増えてきました。保険ショップは無料相談できる便利な窓口のように思っている方も多いと思いますが、実は、この保険ショップの正体は、保険募集をする乗り合い代理店なのです。...

保険の見直し相談になってくれる人は、すべて生命保険の募集人資格を持っています。募集人の資格については、名刺を見れば一目瞭然なのですが、それがどの程度の資格になるのか簡単に説明します。生命保険の募集人になるためには、まず一般課程試験に合格する必要があります。ですので、保険の募集をするにあたって保険ショップ(保険代理店)に勤務する従業員の方もFPも全員一般課程試験を受けて合格しています。保険会社では、...

現在ご加入の保険会社は1社ですか?日本の大手生命保険会社で契約した方は、1社だけに複数商品を加入している場合が多いです。生保レディの担当者がついていればその確率は高いようです。しかし最近は医療保険やがん保険などの単品商品が発売されていますので、それぞれいいとこ取りをするために各社相乗りで契約する人も増えています。例えば、学資保険は利率のいいA社、終身保険はB社、がん保険はC社・・・といったように商...

生命保険契約に際して必ず契約時に受け取るのが約款・ご契約のしおりです。ご契約のしおりは、契約についての重要事項、手続きなどが説明されています。約款は、契約についての取り決めを詳しく説明しています。最近はオンラインの約款もありますので、インターネット上でも確認することができます。建前は、これらを熟読して納得して契約する必要があります。ですが、最近でこそ文字も大きくなり、読みやすくわかりやすくなりまし...

みなさんは生命保険に契約する基準を保険料にしていませんか。「保険料3000円で入れる保険です」というコマーシャルをご覧になったことがあると思いますが、これは保険料建てで年齢により保障額が変わる保険です。例えば3000円の保険料で50歳の人だったら、5000円の入院保障、60歳の人だったら4000円の入院保障、70歳の人だったら2000円の入院保障になるわけです。確かに3000円は手軽です。ですがそ...

生命保険訪問型FP紹介サイトはどうやって選べばいいの?

いざ、FPに保険見直しを相談したいと思っても、何を基準に相談サイトを
選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。
そこで、FPの選び方を9つにまとめてみました

FPの質で選ぶ

しつこい勧誘のないサイトを選ぶ

FPの経験値で選ぶ

顧客満足度で選ぶ

口コミ評判で選ぶ

女性専用サイトで選ぶ

相談実績で選ぶ

対応エリアで選ぶ

おすすめの保険訪問型FPサイトで選ぶ

タイプ別の好みのPF紹介サイトを絞り込み検索する

下記で自分に合ったFPを絞り込んで検索できます。何を重要視するかでどこのサイトがいいのかよくわかると思います。ご活用いただけると幸いです。
絞り込み検索リセット
詳細検索

トップへ戻る